販売方法というのは、商品やターゲットにより各社様々なスタイルがあり、一見複雑なように見えますが、ベースになっている重要な部分はどこも同じです。そのため、いくら画期的なスタイルであっても、その重要な部分が不出来だと売上を上げることはできません。
トップ営業マンやプロの販売員の共通点に、短時間(一瞬)で初対面の相手の心を開けるのが上手いということがあります。ただ、これは才能がある人だけができるというものではありません。いくつかポイントを抑え、訓練することで誰でも習得が可能なテクニックです。

店頭販売(店頭販促)というのは非常にポピュラーな販売形式ですが、そのノウハウは実に奥が深く、取り組む人によって売上や集客の差が大きく出ます。誰でも知ってるセット販売や体験販売やPOPといった販促方法でも、コツをわかっている人と知らない人とでは雲泥の差が出るんですね。
ショッピングセンターには様々な業種のテナントがありますが、基本的にはどこも商品やサービスを販売しています。ネット販売とは違い実店舗を構えている以上、どこも対面での販売になるわけですね。ということは、来店者の心理は最低限抑えておく必要があります。

野外イベントやマルシェでは、通常たくさんのブースが出店され、にぎわいができ、来場される方の財布のひもも緩みやすくなっています。しかし、そんな中でもたくさん儲けを出しているブースとそうでもないブースがあります。その差は一体何なんでしょうか?
お店の売上を上げる販促ツールとして代表的なものにPOPがあります。しかし、このPOPというツール・・・書き方を間違えると全然効果がありません。ただ、ちょっとしたコツを覚えるだけで、実は大きく売上を伸ばすことが出来るんです。

「モノ余り」と言われるこの時代、どうすればモノは売れるのか?「いいモノは作っているんだけど売れない」と悩んでいる企業はたくさんあります。ただ、悩んでいるだけでは当然何も解決しません。
近年、参入業者が増加している6次産業ですが、頑張っていいモノを作っているのに売れないと悩んでいる方も少なくありません。ここには「作る技術と売る技術は違う」という問題点があるからです。どれだけいいモノを作っても、その価値が伝わらねければ、その商品は売れません。

販売や営業の強化は業種を問わず、今やあらゆる企業で行われていますが、郵便局もその一つ。民営化になったこともあり、これまで以上に危機感を持って業務にあたりたいということで、先日はセミナー講師として講演の場をいただきました。
普段、接客や営業をメインとしていない自動車整備工場ですが、近年同業他社が格安のサービスを打ち立てたり、ガソリンスタンド等も積極的に市場に参入してきたため、車検サービスなど従来の仕事が減少してきているところも少なくありません。

さらに表示する